August 14, 2015

気をつけたい色使い

親元にいたりすると、どうしても親の好みで洋服を着せられてしまうので、自分の好みはあまり分からないという方は多いのではないでしょうか。ひとりになるといろいろなファッションに興味がでてきます。今まで抑えられていたのが、わっと吹き出してくるかのようです。

最近注目しているのは、オトナ女子です。オトナ女子はセンスよく様々なジャンルの服装を着こなしますが、特に大切なのが色使いです。ビビットカラーなどはやはり若い世代向けです。また化粧の仕方によっては下品になってしまう可能性もあります。オトナ女子であればシックの色合いなものがよいでしょう。そういう色合いを使っていてオトナ女子になれるのが「自由区」です。どれもが素敵なラインナップです。

白や黒、グレーやベージュなどの色合いが豊富にあります。また季節ごとには、季節にあったカラーがでるなど色使いは大変に参考になります。どれが自分にあっているのかはやはり試着する必要があります。肌の色や雰囲気によってその人に合うカラーは異なってくるからです。自分で選べないのであればショップ店員さんに聞いてみるのがオススメです。自分が似合うと思うものも、他人が見て似合うと思うものは別の可能性もあります。オトナ女子であれば他人から見た目というのも気をつけてこそなので、様々な方から聞いてみてください。そして、新しい自分の発見・新しい楽しみになること間違いなしです。これでオシャレマスターになれるはずです。

プロフ

19歳 女性 フリーター
子供時代にフリフリの服ばかり着せられていたので、親元を離れた今はセクシーさやモデルが着るようなファッションを好んで着るようになった。毎日繁華街に出かけては、好みの服を着て男性に声をかけてもらえると少しテンションが上がる。